さぬき鍼灸整骨院

電話で問合せ
084-991-2334

電気治療

電気治療

ケガ・痛みを電気療法で治療する

電気療法とは

電気療法

痛みのある部位に通電することで痛みを取り除いたり、筋肉の緊張をやわらげたりする治療方法です。

電気治療は、周波数帯や通電方法などで効果が変わります。

電気の周波数帯の分類
・低周波(0~1,000Hz)
・中周波(1,000~10,000Hz)
・高周波(中周波(10,000Hz)以上のもの。それ以下のものも含む場合もあります。)
・超音波(18,000Hz以上)など

低周波で得られる効果は、皮膚抵抗が大きくなるためピリピリすることがあります。基本的に筋肉を動かすことにより得られる筋弛緩、血流改善、疼痛緩和の効果が期待できます。

中周波・高周波は、皮膚抵抗は低周波よりは少ないので、皮膚の下3~4cmまで浸透します。刺激は低周波に比べるとソフトですが、電流量を多くするには限界があります。また、低周波との違いは、筋弛緩、疼痛緩和、血流改善が得られるほか、筋力をつけるのに必要な筋収縮があることです。

超音波も、中周波・高周波と同様、深部に届きますが、筋肉が動く感じがほとんどない代わりに温熱効果があります。

羽田野式1分間ハイボルト治療

ハイボルテージ治療

当院の電気療法は『羽田野式1分間ハイボルト治療』を取り入れております。痛みに対してより即効性のある治療方法です。

『羽田野式1分間療法』は一般によく見られる低周波治療器とは異なり、高電圧・短時間で身体のより深部に働きかけていくものです。神経の興奮を抑えて痛みをとり、怪我の治りを早くする効果が期待できます。

ハイボルテージ治療についてはこちら

北田辺福島整骨院